【リポート】現場のプレイヤー目線で語るオーケストラスタディ|山田 徹 編

新日本フィルハーモニー交響楽団 山田徹編
「おかげさまで満員御礼」

@2018年7月7日 コマキビルB1スタジオ Reported by Percussion City 山田

※この記事は2018年10月10日発行「JPC 158号」に掲載されたものです。

 

2018 年サマーセール初日となった7月7日、演奏家生活38 年の山田徹氏により、現場目線でのオケスタを語りながら演奏して頂くという、大変貴重な機会を得ることができました。

当日は、実際に現場で使用されているスネアドラムや小物楽器を多数持ち込んで頂き、市販されている楽器との違いや、カスタマイズのポイントを解説しながら進行していきました。こんな日に限って湿度が高く、本皮仕様のスネアドラムにいたっては、イベント開始直前まであれやこれやと手を尽くされていましたが、結果思うような音にたどり着けなっかという一面もあり、本皮仕様の楽器の難しさもわかる内容となりました。

実際にオケの演奏の音源を流し、それに合わせて山田氏が演奏をしながらポイント毎の解説を行っていきました。シェヘラザード、こうもり他が軸になりましたが、あっという間だった!というのが正直な感想です。質問コーナーにも丁寧に対応してくださり、続きは次回?と言わんばかりの内に終了となりました。

「音へのこだわり方」の話も面白かったのですが、なにより印象的だったの
は、本番中演奏が「きまった!」時の動きの違い、を話して下さった時です。
実際に演奏会に出向いて、聴いてみた時の違いを目の当たりにできれば、一味違う演奏会の楽しみ方があるかもしれません。

まなぶ

関連記事

【リポート】平尾信幸のシンバルクリニック in JPC
【リポート】平尾信幸のシンバルクリニック in JPC
去る1月14日(月・祝)、神奈川フィルハーモニー管弦楽団 打楽器奏者の平尾氏を迎えてのシンバルクリニックを開催しました。お陰様で予定の定員20 名はあっと...
Read More
大坂昌彦直伝!家でも出来るおすすめワークアウト
大坂昌彦直伝!家でも出来るおすすめワークアウト
JPCジャズドラムスクール講師大坂昌彦氏に、自身のYoutubeチャンネルの中から、家でも出来るおすすめワークアウト動画をご紹介いただきました! ●カラオ...
Read More
【リポート】超濃密な2時間半!つっちーによるスネアドラム音作り講座
【リポート】超濃密な2時間半!つっちーによるスネアドラム音作り講座
※この記事は2014年4月10日発行「JPC 140号」に掲載されたものです。 2014年1月18 日(土)本誌「太鼓奇談」の連載やドラマガの連載でもお馴...
Read More