ATV エレクトロオーガニック・パーカッション aFrame お試しいただけます!

ATV aFrame

昨年、インターネット上に彗星のごとく現れ、パーカッション界で話題をかっさらった謎の楽器「aFrame」。
2017年1月より、発売が開始されました!

只今、エスニックシティでは、この「aFrame」を店頭展示中!
先進のテクノロジーの融合を、直に感じていただけます!

aFrame公式プロモーターでパーカッショニスト、当店ダラブッカ講師のクリストファー・ハーディ氏に、楽器について語っていただきました!

aFrame with クリストファー・ハーディこのエレクトロオーガニック楽器、aFrameのコンセプトは素晴らしいです!自分自身の奏法で自分が作り出した音を演奏するというアイデアです。
僕はパーカッショニストとして、自分を表現するために常に新しい音を探し続けています。今まで、木、皮、金属、竹、陶器、木の実、骨、貝等、色々な形で、色々な組み合わせで、表現してきましたが、このaFrameのお陰で、新たなサウンドと表現力が生まれました。
デザインはアート作品のようで、本当にカッコいいです。叩く面はポリカーボネート。フレームは日本製(老舗楽器工房のフジゲンの熟練の職人による手作業の製作)、竹で出来ていて、美しいー!持った感じ、触った感じはとても心地が良いです。これはまるで宣伝のように聞こえるかもしれませんが(笑)、この楽器は自分のためにできたような感じがします!でもそれを言うとこの話が終わってしまいますね(笑)。
まず、aFrameのレスポンスはとても繊細で反応はあまりにも良く、電子楽器とはとても思えないくらい、叩くと気持ちがいいです。ハンドドラム(タール、カンジーラ、パンデイロ、タブラ等)のテクニックを使って演奏するような発想で、奏法としては手と指を使って演奏する楽器です。スタンドにつけてコンガまたはジェンベのライトタッチで叩くのも良いです。

 

ATV aFrame 背面

一度触ると、その底知れぬ可能性や楽器としての魅力の虜になる方続出中!

是非一度お試し下さい!

ご予約、ご購入はエスニックシティまで!