第3回 JPC打楽器アンサンブル楽曲 選考結果発表

投稿日:2020年08月08日

今年のJPCCD収録は、新型コロナウィルスの影響により延期となってしまいましたが、公募を行っておりました楽曲の選考会を7月に行い、選出作品が決定致しました。

選考会では、応募者名を伏せた状態でパーカッションミュージアムのメンバーで音出しを行い、今回は1曲を選出致しました。

【選出作品】

evening time Ⅱ / 豊田 恒太 打楽器6重奏

 

こちらの楽曲は、次回のJPCアンサンブルコレクションに収録、また楽譜も出版されます。

数多くのご応募をいただき、ありがとうございました。

 

【豊田 恒太】

 東京都出身。八王子学園八王子高等学校を経て、日本大学藝術学部音楽学科音楽教育コース卒業。東京都を中心にピアノソロ、伴奏、作編曲などの分野で精力的に活動している。小学校時代に打楽器と出会い、大学在学時には古典派器楽作品におけるティンパニの音響的位置づけに関する論文で学内優秀者に選抜される。現在は演奏活動のほか、リトミックを中心とした吹奏楽指導や国士舘高等学校講師として後進の指導にもあたっている。

 これまでに、ピアノを石見ふみ代、三葛朋子、藤原亜美の各氏、作曲を菱沼尚子氏、声楽を池田直樹氏、打楽器を酒井聡、高梨晃の各氏に師事。