アンサンブルを深めるクラス! Bom fim de semana!! ビギナークラス同時開催!

パンデイロワークショップに…新たに、アンサンブルを深めるクラス!

パンデイロワークショップの進化系クラス3クラスです!

——————————————  

日時:2017年5月27日(土)

 ■パンデイロビギナー 14:00~14:45(45分)
  <参加費> 1,080円(税込)
  ※パンデイロはご持参ください。

 ■タンタン、タンボリン、シェイカークラス 15:00~16:10(70分)
  <参加費> 1,620円(税込)
  ※タンボリンとシェイカーはご持参ください。 ※タンタン、ヘボロもお持ちの方はご用意ください。

 ■「Bom fim de semana!!」(ボン・フィン・デ・セマーナ)立ち上げ 16:30~18:00(90分)
  <参加費> 2,160円(税込)
  ※パンデイロ、タンボリン、シェイカーなどお手持ちの楽器を持参ください。

 

場所:コマキ楽器4階Aスタジオ

定員:各クラス15名 (要予約)

ご予約・お問い合わせは、エスニックシティ03-3842-6042までどうぞ♪

☆メールでもご予約できます☆
c-nashiki@komakimusic.co.jp (担当:梨木)
・参加ご希望クラス(楽器レンタル有無)・お名前(フリガナ)・お電話番号をご連絡ください。
※楽器レンタルのあるクラスについては、レンタル利用有り/無しについてもご予約の際にお知らせください。
※こちらからの返信をもって、ご予約確定となります。
 エラー回避のため、受信設定をお願いいたします。
※メールでのご予約は前々日までになります。
 それ以降はお電話でご予約ください。

——————————————-

☆パンデイロビギナー~はじめて触る方から、奏法を見直したいという方まで~☆

 基本中の基本、疲れない持ち方や音の出し方をわかりやすくレクチャーします。
 楽器を買ったばかりの方、基本に立ち返りたい方、叩くと腕が痛い、音が出ない、というお悩みの方必見の講座です。

☆タンタン、タンボリン、シェイカーの新たなクラスの発足です!☆

 今までアンサンブルクラスの中でも少し触れてきたタンボリンとタンタン(ヘボロ)ですが・・・
 この度の「Bom fim de semana!!」の立ち上げのために早急にみなさまにお伝えしなければならなくなってきました。
 そのためにはアンサンブルクラスだけでは時間が足りない・・・
 そしてなにより楽器を持ってる方が増えてきたので、新たにクラスを開設します。

 パンデイロを演奏する時も、タンボリンの動きとタンタン(所謂スルド)の動きを理解することは大変重要です。アンサンブルをす る上で他の楽器の人がどう叩いているかを認識することは上達する上で欠かせないのです。 基本的な持ち方、構え方、歌いかたなど を順序だててレクチャーしていきます。 シンプルな楽器だけにイマイチ活用できなかった方、目からウロコの必見な講座になってお ります。

 こういう楽器たちでグルーヴできたら最高ですよね!これを機会に演奏してみませんか?
 パンデイロ、タンボリン、タンタンのアンサンブルを目指して頑張りましょう!
 ※タンボリンとシェイカーはご持参ください。※タンタン、ヘボロもお持ちの方はご用意ください。

☆「Bom fim de semana!!」(ボン・フィン・デ・セマーナ)立ち上げメンバー募集!!☆

 パンデイロワークショップ開始から5年…ずっと参加してくれてる皆さまの声にお応えし、ついにスモール・バテリヤ(打楽器チー ム)が発足します!その名も「Bom fim de semana!! (ボン・フィン・デ・セマーナ)」ポルトガル語で「よい週末を!」という 意味です。

 基本的な叩き方を覚えたらやはり実践で使いたいですよね。このクラスではパンデイロだけでなく、タンボリンやタンタン、シェイ カーなどを使って打楽器アンサンブルの曲を完成させていきます。 ワークショップやレッスンという形式ではなく、曲を作り上げ練 習していくという形で進めます。

 ワークショップに参加したことがある方なら何方でも参加可能。一回完結ではなく、中長期的な目標を立ててゆくゆくはライブの企 画やイベントの参加なども計画しております。

 パンデイロ、タンボリン、シェイカーなどお手持ちの楽器を持参ください。 奮ってのご参加お待ちしております!

 

◎パンデイロワークショップメルマガ会員募集中◎

毎月のワークショップ開催日時をお知らせします!
「タイトル:パンデイロワークショップお知らせ希望、本文:お名前」
以上の内容で、JPCインフォメーションまでメールをお送りください!

 

ぶらじる風味 プロフィール

見谷聡一が中心となり、同世代で切磋琢磨しようじゃないか!と2015年に立ち上げたユニット。
サンバやショーロを中心に、このトリオならではのアレンジされた名曲や各人のオリジナルを演奏する。 トロンボーン和田充弘のコクのある深み、 ギター露木達也の柔らかさ、 パンデイロ見谷聡一のキレ味。 この三人がまさに三位一体となって、会話しているような演奏を繰り広げる。 自由な『風』が吹き、ほど良く『味』がある三人の音楽は聞いた人を魅了してやまない。

●講師プロフィール 見谷 聡一(みたに あきかず)

昭和54年2月4日生まれ。水がめ座。A型。動物占いはコアラ。東京都出身。日本大学芸術学部音楽学科打楽器科専攻。その後、日本大学芸術学部大学院芸術学研究科に進学し舞台芸術を専攻。日米のプロデューサーシステムの相違などという訳のわからない研究する。
大学在学中からボーダーレスな活動を展開、いい意味で節操のないスタイルを確立する。
2003年よりディズニーリゾートで数々のショーやパレードに出演。キッズの目線を釘付けにする熱すぎるパフォーマンスを繰り広げる。
2004年にキューバに渡り「Buena Vista Sociar Club」の伝説の歌姫Omara Portuondoと共演。感涙にむせぶ。現地のミュージシャンとも多数交流し好評を得る。その結果、打ち上げの席でピアスとTシャツを現地の若者にねだられる。
恩師のバンドにて谷啓氏と共演を果たす。往年のギャグ「がちょ~ん」を本人の後ろで見守る。
近年ではドラムだけでなくブラジルの打楽器「パンデイロ」の演奏、研究、普及に力を入れ、老舗打楽器店JPCにてワークショップを開講。延べ300人以上の弟子を輩出。またメディアへの進出も積極的にこなし数々のテレビ番組に出演。タモリ倶楽部に出演の際、パンデイロをはじめ世界のタンバリンやパーカッションを紹介し爪痕を残すことに成功。デュオやトリオなどの小編成からビッグバンドや吹奏楽などの大編成まで様々な演奏形態で変幻自在のパフォーマンスを繰り広げる。明るさと楽しさとわかりやすさを信条とし、ドラムとパーカッションを融合した独自のグルーヴで音楽を渡り歩いている。

見谷 聡一 BLOG>>>