★5月3日(水祝)開催★タブラボンゴ体験会の開催!

タブラボンゴってナニ???
ボンゴのようでボンゴじゃない?
タブラの音のようでタブラじゃない?

タブラボンゴは、ASA-CHANGが東京スカパラダイスオーケストラ時代、インドネシア・ジャカルタで出会った大衆音楽「ダンドゥッド」の太鼓Tak dutからインスピレーションを受けて、創意工夫の末に生みだされた新しい打楽器です!

ASA-CHANG参加の音楽をよくよく聴いてみると実はこの音に既に出会っている!なんてことも!

タブラは一般的に難解な楽器と思われていますが、このタブラボンゴはタブラに比べると入りやすく、演奏を楽しめるでしょう。

この機会にタブラボンゴを体験してみませんか?

 

日 時:2017年 5月3日(水祝)14:00~
場 所:コマキ楽器4階Aスタジオ

定 員:12名(要予約、当日キャンセル不可)
参加費:2,160円(税込)
講 師:ASA-CHANG

 

<ご予約・お問い合わせ> エスニックシティ TEL03-3842-6042

☆メールでもご予約できます☆
c-nashiki@komakimusic.co.jp (担当:梨木)
・参加ご希望クラス・お名前・お電話番号をご連絡ください。
※こちらからの返信をもって、ご予約確定となります。 
 エラー回避のため、受信設定をお願いいたします。
※メールでのご予約は前々日(4月30日)までになります。
 それ以降はお電話でご予約ください。

 

●ASA-CHANG氏 プロフィール

89年に東京スカパラダイスオーケストラのパーカッション兼バンド・マスターとしてデビュー。
その自ら創始した東京スカパラダイスオーケストラがブレイクを果たすが、93年に脱退、フリーランスに。
スカパラ在籍時から、その特異なライブ・パフォーマンス、プレイは注目されていたが、独立後の数々のセッション・ワークにより、ドラマー、パーカッショニストとしてその存在を知られるようになる。
いわゆるラテン・パーカッションだけでなくインド・アジア系から玩具類、ガラクタ、シンセ音などを散りばめ、楽曲にアプローチする彼独特のプレイスタイルを確立し、ドラマーとしても躍動感のある唯一無二のそのビートは、パワフルさと繊細さを兼ね備え、数多くのアーティストからの信望を集めている。
ポップとアバンギャルドを軽々と行き来する様々な活動は、多くの注目を集めている一方、作曲・アレンジもこなすプロデューサーとしても活躍している。

http://www.asa-chang.com/