UFiPとエスニックシティがタッグを組み、カホン用シンバルをプロデュース! その名も”DEL CAJON”

イタリアの老舗シンバルメーカー「UFiP」とエスニックシティがタッグを組み、カホン用シンバルをプロデュース! その名も”DEL CAJON(デル カホン)”。 DEL CAJONとはスペイン語で「カホンの」という意。カホンを叩く“素手”そのままに叩くことが出来るような厚みで、その名の通りカホンと一緒に演奏するためのシンバルとしておすすめです!


■商品コンセプト

カホンとシンバルの組み合わせについて、きっとお悩みの方も多いはず。
シンバルと一口に言っても、アクセントにスパン!と一発、といった使い方から、よりドラムセット的に大きめのシンバルでライド的アプローチまでさまざまです。
ドラムセット用のシンバルを使ってももちろん良いのですが、素手での演奏でも鳴らしやすいもの、ライド的アプローチであればカホンとの音量や音程のなじみ具合の良いものを選別することが必要になります。

「DEL CAJON」は、スティックで激しく叩くと割れてしまうほど薄さ!8、10インチは指一本でもしっかり鳴り、抜群の反応の良さがあります。14、16インチは手でのクラッシュはもちろん、ロッドや細目のスティックを用いたライド的アプローチにもしっかり対応できます!


■8インチ/ ES-8CJ ¥15,400

極薄!手で簡単に折り曲げられる薄さ。この薄さゆえ、8インチの割にピッチは低く、上ずる感じはありません。ドラムセット用の8インチスプラッシュシンバルは指の腹ではうまく鳴らず、爪をシンバルの淵にひっかけるような奏法が必要になる場合がありますが、その心配はありません。ここぞという時のアクセントに、奏法をむやみに意識する事なく、快適にお使い頂けると思います。

■10インチ/ ES-10CJ ¥18,150

こちらもかなりの薄さです。10インチというサイズでありながらもピッチは低め。10インチスプラッシュというとカーン、とかパコーン、といった音のイメージですが、「DEL CAJON」の10インチはシャーン、といった感じの鳴り。高域のサスティンが長いので、クラッシュとしても十分通用するのではないかと思います。

■14インチ/ ES-14CJ ¥27,500

このサイズになると、より低音が出てきてカホンの低音と一緒に鳴らすと心地いいフィット感が得られます。ジャンベやコンガとの組み合わせでも相性が良さそうに思います。これも14インチというサイズからするとかなり薄く出来ていて、ロッドなどを使ってもちゃんと低域の広がりが得られるので、ライド的アプローチもバッチリ。マルチユースな一枚だと思います。

■16インチ/ ES-16CJ ¥34,100

大きさ的にはよくあるサイズですが、特有の薄さによりかなり落ち着いた音程感があります。マレットでのロールは広がりがあり、すごく綺麗です。小さいサイズと比べ、厚みがしっかりしているので、カホンはもちろん、それだけでなくティンバレス用の小ぶりなクラッシュとしても良さそうです。ただし、ハードヒットにはご注意を! ざっとご紹介させていただきましたが、シンバルはやはり個体差の大きな楽器! ぜひとも、カホンとの相性を実際にお試しいただきたい逸品です!

(試奏リポート / 塩谷基浩)

 

商品ページ

シンバル